授乳中 葉酸サプリ 必要 

葉酸サプリの体験談を紹介⑤

葉酸サプリの体験談を紹介⑤

妊娠が発覚する一週間ほど前に車に乗ったときに、いつも感じないのにひどく車酔いをしました。その後妊娠が発覚するすると徐々につわりの症状が出てきました。臭いのきついにんにくやにらが苦手になり、また、それまでなんともなかったルイボスティーや麦茶の焙煎の臭いも気持ち悪く感じるようになりました。それでも比較的軽かったとは思います。どちらかというと食べられなくて困るというよりは、食べづわりがひどく、空腹が気持ち悪くて耐えられませんでした。外出する際にはちょっとしたお菓子や小さなおにぎりを持っていくようになりました。仕事の帰りは、空腹で気持ち悪くて、寄り道もできなかったので、少しおなかに入れてから、まっすぐ帰っていました。
妊娠初期はつわりはありましたが、わりと軽かった方だと思います。臭いのきつい、にらやにんにくはなるべく避けて、気分が悪いときにはおじややお粥を食べてました。生卵や生魚などは食べないように気をつけていましたが、どうしても食べたいときには新鮮なものを選んで少しだけ食べることもありました。大きな変化といったら、スナック菓子やおせんべいを非常に食べたくなったことです。塩分を気にしていたので、食べたいときには少量だけ食べるようにしてました。体を冷やすと聞いたので、白い砂糖はやめて、料理やお菓子づくりには三温糖を選ぶようになりました。それでも冷たいものを食べたくなるときもありましたので、アイスクリームなどの冷たいものは暖かい飲み物と一緒に飲みながら食べてました。なるべく我慢しすぎないように、でもおなかの子供に負担がかからないように気を付けてました。
葉酸サプリを飲み始めたきっかけは、妊娠を希望していたからです。私たち夫婦は子供が欲しかったのですが、なかなかできず、色々なことを試しました。妊娠する前までの体にも葉酸が有効だと聞き、サプリメントや葉酸の入ったお茶を飲むを選んで飲むようにしました。やがて妊娠が発覚すると、おなかの子供の成長のために続け、現在も授乳をしているので同じサプリメントを飲み続けています。
インターネットで宣伝しているものはとても値段が高く感じられたので、まずは手軽に始められる安価なものをドラッグストアーで手に入れました。選んだ基準は、価格と接種できる葉酸の量です。さらに鉄分とカルシウムを同時に接種できる商品がありましたので、そちらを選び、現在もそのまま飲み続けています。
私の場合は、夕飯の後に葉酸のサプリメントを飲んでいました。それは、夫が以前からビタミンや亜鉛などいろいろなサプリメントを試していて、いつも夕飯後に飲んでいたからです。夫は本やインターネットで体づくりやダイエットに関する情報をよく集めていましたので、きっと夜飲むことに意味があるのだろうと思い、真似してこの時間帯にしました。一緒に飲むことで、飲み忘れを防ぐこともできます。
つわりは、あまりつらくはなかったので、問題なく飲むことができました。ただ、葉酸サプリそのものの臭いが原因で飲めなくなることはなかったのですが、眠くて仕方がなかったり、一日中気分が悪くて横になったりということがあって、飲まないことはありました。


ホーム RSS購読 サイトマップ